査定
電卓

不要になった古本は買取に!

読み終わった本、どうしていますか?不要な古書を買い取ってもらいたい気持ちはあっても、つい「面倒くさそう・・・」と二の足を踏んでいませんか?でも古書の売却って、今はすごく簡単なんです。

古書の買い取り知識

ページが開いている古書

古書を売りたい場合には、専門の買い取り業者を利用するのがおすすめです。一般的な本の買い取り業者の多くは古本を取り扱っています。そのため、古書を売りたくても適切な価値の判断をしてもらえなかったり、そもそも、古書の買い取りをしていなかったりする業者もあるのです。 古書は、古本とは違い、希少で価値が高いという特徴があります。絶版されていてすでに書店では手に入れられないからです。一方、古本は比較的新しく、出版社に在庫が残っていたり、品切れになって間もなかったりする本を指します。そのため、買い取りを利用しても、それほど高い価値はつかないのです。 古書は、古本よりも希少で価値が高くなります。高額買い取りを実現するためには、専門の知識を持った業者に依頼をするようにしましょう。

古書は希少で手に入れにくいため、今後も価値は増していきます。買い取りを利用して売却すれば、高額買い取りが期待できるでしょう。 昨今は本が売れない時代といわれています。ムダを省くため、軽量化、コンパクト化がもれはやされ、紙の本が敬遠されてきているとともに、電子書籍が主流となっているからです。そのため、古本の価値は以前より下がっています。 しかし、古書の場合には、書店では入手困難で、電子書籍化もされないので、貴重な存在となっています。電子書籍の時代だからこそ、古書の価値はより高くなるのです。 古書はその希少さから、ますます価値は高まっていきます。不要な古書がある場合には、ぜひ、買い取りを利用して売却してみましょう。

2冊の古書

古書の買取方法を知る

本好きな人は多く、電子書籍が広がっても昔ながらの本の需要がなくなるわけではありません。そしていらなくなった時は古書として買取してもらうこともできるので、方法を知っておくと役立ちます。

PCと古書

古書買取をしてもらうなら

古書買取は古本とは違い、価値をわかる人に鑑定してもらいたいという気持ちになります。その点東京神田で創業の長いお店に任せれば安心できます。美術、書道などの専門書でも必要な人に渡るという期待も持てます。

MENU

古書と紅葉

おすすめ記事

「ちょっと待って!その古書は捨てずに、買い取りしてもらいませんか?」の記事一覧です。