不要になった古本は買取に!|ちょっと待って!その古書は捨てずに、買い取りしてもらいませんか?

不要になった古本は買取に!

電卓

最近では、わざわざ店舗へ持参せずとも、不要な古本を送るだけで査定・買取をしてくれたり、ある程度の冊数であれば自宅まで買取のために出張してくれる業者もあります。 不要な古本がたくさんある場合、それを括って資源ごみの日に回収してもらうよりも、好きなタイミングでまとめて処分できるという意味ではずっと有益性も利便性も高いと言えるでしょう。 また、売却する古本の中にはそうとは知らずに高値で売買できる古書が紛れている可能性もあります。 よく混同されて使用されますが、厳密にいえば、古書というのは古本とは違います。古書とは中古の本(古本)の中でも、絶版されていて現在では手に入らないもの、故に希少価値の高いものを指します。もし、そういった古書があった場合は、ある程度の査定価格がつくはずです。 ただ注意すべきは、古本、特に上記のような古書の場合、査定価格には業者によって当然差があります。冊数と状態だけでその希少価値に関わらずざっくりと査定するところも少なくありません。 しっかりと価値を判断して査定してほしいという場合には、いくつかの業者を比較し、最も希望に近いところに買取を依頼するのがベターと言えるでしょう。

ネットで「古書買取」と検索すると、かなりたくさんヒットします。 誰もが聞いたことのある最大手から、小さな町の古書店まで、買取を受け付けているところは様々です。 ほとんどが、ある程度の冊数であれば送料などをこちら側で負担することなく査定・買取してくれます。もちろん中には1冊から買取をしてくれるところもあります。 また、もしあなたが古本をきちんと査定してもらって売りたいと考えている場合、その古書のジャンルは何かを踏まえた上で業者を選ぶといいかも知れません。 例えば売ろうとしている本が専門的なものである場合、その分野に特化した古書店というのがある場合があります。 それが洋書である場合や、医学・法律・理工などの特殊な分野である場合には、その分野を専門で扱う業者がないか、一度ネットで検索してみることをおすすめします。 というのは、そうした専門的な古本は、一般の業者では価値が判断しづらい、あるいは判断できても売れる見込みがないとして査定額が上がらない場合があるからです。